英会話は、実践が大切ですよね。

中学生から英語を勉強し始め、高校ではリーダーとグラマーに分けて勉強をしてきました。でも、ほとんど実践ではなく、机の上での勉強でした。だから、テストもペーパーでしたね。だからなのか、リスニングのテストは本当に苦手でした。大学受験でもリスニングがありましたが、知っている単語を何とか聞き取り、内容を理解しようと必死でしたね。

英語は、基本会話です。だから、いくら書くことができても会話ができる、すなわち話したり、聞いたりすることができなくては、せっかく英語の力があったとしても、十分に発揮できなくなってしまうんですよね。

でも英語のテストができればすぐに話せるようになるんじゃないのと思いますが、あくまでテストは何度も見直す事ができるから理解しやすいんですよね。

誰か忘れてしまいましたが、英語をマスターしたければ英語を聞き込め!と言っていたことを思い出します。英語を聞けば聞いただけ、きっと話せるようになりますよ。

英語とかスイミングとか…子どもの習い事

もうすぐ進級、進学の季節ですね。子どもの成長とともに気になるのが習い事のことです。 先日はなまるマーケットを見ていたらタレントの千秋ちゃんが出ていました。
千秋ちゃんといえば、歌手、タレント、声優のほかにもデザイナーなどと 多方面で活躍していますが、今やすっかりママタレントなんですね。 独自の育児方法を語っていました。

なかなか説得力があって関心してしまいました。 子どもには習い事をさせないの千秋流の子育てなんだとか。 イヤイヤ習い事をさせるより、公園などで遊んだほうがいいという考えなんですって。

ちなみに一度だけ水泳を習わせたことがあるそうです。お風呂で水が顔にかかるのが苦手だったので克服させるために。 半年くらいで水に慣れたので辞めさせたといっていました。この子育てもメリットはあると思います。 子どもをのびのびと育てるということですよね。

子どもの性格や環境もあるのでコレが正解というものは子育てにはないと思います。 例えば半年で辞めるとかというのは、長続きしないとか継続できないとか根気の問題も あります。 何かを続けるということも子どもには良いこととも言えます。 子どもの何かの才能を小さいうちから伸ばしてあげるのも親の役目です。 習わせるのか習わせないのか親の手腕が試されるところです。

イマドキの授業はやっぱり違う!

イマドキのこどもはデジタルに生まれたときから慣れ親しんでいます。我が家でも当たり前のように1歳頃から、スマートフォンなどのデジタル製品を使いこなしています。
これは賛否両論ありますが、良いところは取り入れていくことも大事だと私は考えます。

とある幼稚園では遊びなどの体験の中でiPadを取り入れているようです。英語学習などでもipad便利ですしね。図鑑などのアプリのほか、絵を書いたり色を塗ったりということをデジタルの中で体験していきます。確かに図鑑は本をめくって探す、絵は鉛筆やクレヨンを使う、ピアノは本当の鍵盤を触るという手で学ぶことも大切です。

だからデジタル化を取り入れるということも大事ですが、アナログな経験も決して忘れることなく体験させることが必要です。デジタルや情報社会に生き残るために、小さいうちから恐れることなく触れておくということが大事なのです。いつの時代も昔ながらの遊びなど、やっぱりこどもらしさは良いです。いろんな選択肢があるというこの時代に生まれたからでこその良さを実体験で感じて欲しいと思います。

ディズニーのこども英会話教材

ディズニーのこども英会話教材、中古で買うのも案外いいかも!?

以前、子供に英会話を習わせたくて、いろんなところの教材の資料を見せてもらった事がありますが、その中でもディズニーの教材は、すごく高くて60万~70万円くらいしました。さすがに70万円は出せないと、その時は断念しましたが、もしかして英語の教材も中古で出ていないかな~?とネットで見てみるとありました!!

20万円くらいで出ていました!!でも、感覚がマヒしている様ですが20万円でもけっこうな額なので、慎重に見てみると、この教材が出来てから30年間ほとんど変わっていないので、中古品でも何も問題なく使えるらしいです!!これなら、我が家でも検討そうです(笑)!!

ほんとうは、誰か英語教材を使っている友達がいたら、どういった感じかとか、ほんどうに自宅学習で英語を覚えられるのかとか、身近の人の意見や感想も聞きたいのですが、残念ながら、周りに英語教材を使っている人がいません・・・ また、教材のご意見も、インターネットの口コミでどんな感じか見てみたいです!!

地方の子供の英会話スクール

地方の子供の英会話スクールのスタイルは、『ショピングの間に・・・』が基本!?

私の住んでいる街はどちらかというと田舎なのですが、どこかに行くと言えば近くのショピングセンター(特にイオン)によく出掛けます!!ついこの間も、子供がゲームセンターにゲームをしに行きたいと言うので、イオンに行ったのですが、子供がゲームをしている間、私はいつもベンチに座って待っているのですが、その座っていたベンチの前がキッズ英会話スクールで、送り迎えの時間になると大勢の子供達が出入りしています・・・

そう言えば、この辺りのショピングセンターには必ず英会話や習い事のお店が1つは入っています!!英会話では特に発表会などはありませんが、そのショッピングセンターにはヤマハの音楽教室も入っているので、時々イベントホールでピアノやエレクトーンの発表会も開催されれいるくらいです!!交通機関が、あまり発達していない地方では、親の送り迎えがどうしても必要になるので、親が買い物をしている間に子供は英会話というスタイルが人気なのかもしれませんね(笑)!!

実際、私の知り合いにもそういうスタイルで、習い事に通っている人もいますしね・・・(^-^;

小学校での英語教育義務化

もうすぐ小学校で英語が必修化されるそうです。英語の授業といえば、今までは中学校で新たに習うというものでしたが日本人の英語学力が低いということが問題視されており、より低学年から授業を受けるという方針が下されたようです。確かに中学生で英語の授業を始めると、英語の発音が気恥ずかしかったりして真剣に学べないこともありました。

またある程度の英単語も知っているから、和製英語のような発音が先入観であるから、正しい発音が耳に入ってこないということもあります。より早く英語の教育は受ける方がいいようで、今では0歳児から英語を学ぶというケースもあるようです。

早ければ早いほど、耳で受ける英語の音はより自然に発生できるようになるそうです。小学生が英語を学び、また文法ではなく英語に触れて慣れるということで将来の日本人の英語の能力がどれくらい向上しているのかとても楽しみです。10年後くらいには、英語が話せて当たり前というような世の中になっているのでしょうか。

日本の子どもたちは、一時期のゆとり教育のおかげで、学力が著しく低下して懸念されていました。今はまた教育に力を入れ始めましたが、いい具合にすすめばいいのですが。楽しく学べるような英語の授業になるといいですね。